ミニッツ &  RV125  tomdogの日記
趣味のバイク(RV125)とラジコン(MINI-Z)を中心にしたブログです。
ミニッツ モトレーサー 操作編
2013年03月27日 (水) 19:16 | 編集
ライダー完成しました。

SANY0086.jpg


では、前回の続きの操作編です。

まずバイクの旋回のメカニズムですが、
実車の場合は
 荷重移動で車体が傾き、ステアリングが内側に切れて旋回します。

モトレーサーの場合は
 荷重移動ではなく逆操舵(曲がる方向とは逆にハンドルを切る)で車体が旋回方向に傾き、ステアリングが内側に切れます。

モトレーサーを操作する上で一番重要なのは、ハンドルを切って旋回するのではなく、ハンドルはあくまでも旋回のきっかけを作るために操作するということです。

SANY0088.jpg
傾いた方向にステアリングが切れているのがわかります。

もう少し簡単に説明しますと、プロポのステアリングは車体がバンクするまではきりますが、傾き始めたらニュートラルに戻します。バンクした状態でステアリングを旋回方向に切っていると、車体のステアリングは曲がる方向と逆に切れているので曲がらなくなります。

一度止まっている状態で車体を傾け、ステアリングを切ってみると良くわかると思います。

実際に走行してみると先ほどのステアリングを車体が傾き始めたらニュートラルに戻すがわかりにくいと思います。
そこでステアリングを切ってから車体が傾くまでの動きをマイルド(ゆっくり)にするために、最初はステアリングワイヤーを赤のやわらかいものに変更します。これで初期反応が緩やかになります。

操作性に一番かかわってくるジャイロですが最初は両方とも一番効く状態(右回しが良いでしょう)
このほうが低速、高速ともに安定します。


第一段階は真っ直ぐ走る練習です、トリムが正常にあっていてジャイロが効いていればスロットルを握っていれば比較的簡単に直進すると思います。
意外とスピードが出るので最初は全開でなくてもいいと思います。

次に旋回ですが、最初は走っている状態でストレートから曲がるのは難しいと思いますので、まずは傾いた状態から旋回します。ここで小さく回るスピード、大きく回るスピード、スロットルオンによる車体の引き起こしを覚えるといいと思います。

止まった常態からスロットルを少しオンにすると小さく円を書きます、徐々にスロットルを開けていくと円が大きくなります、さらにオンにすると車体が立ち上がります。

慣れてくれば4.5畳のフローリング位でも走行できるようになります。



最後は切り返しです。
基本スロットルはオフです。ドリフトの切り替えしようにワンテンポ早くステアリングを操作します。
バイクの場合は車体が起きて、切り替えし方向にバンクするまでの時間が長いためにこうなります。
場合によってはブレーキも有効です。

操作に慣れてきてステアリングワイヤーをノーマルやハードにしていればステアリングのみでクイックに切り返すことも可能になります。




サーキットでの練習

なぜかバイクを操作しているとコーナーと逆方向にステアリングを切ってしまうことがあります。
慣れていればカーラジコンではそんなことは無いのですが、自分もバイクは最初のころはよく間違えていました。
ヘリや飛行機のラジコンでもあるそうです。

そこで練習に最適なのが通称
お散歩 です。

コースの中に入りバイクを追いかけて操作します。
もちろんショップ方や周りの方の了解が必要ですが。

バイク王国のCARZONEでもお勧めの練習方法です。
大体の方はこれで上達しています。

慣れてきたらコースの真ん中あたりに立って自分が向きを変えて操作するのもいいと思います。

バイクラジコンは操作が特殊でなれにくいのですが、うまく走行できたときの達成感はカーラジコンより大きいと思います。
カーラジコンでもドリフトも似た感じですが。

モトレーサーをすでにお持ちの方、これから購入してみようという方、
ぜひともあきらめずに納得がいくまで楽しんでください。

RC CARZONEはバイクの練習にはとてもいいと思います。
今はウレタンコースがほぼバイク用となっています。
お近くの方(大阪平野です)は是非お越しください。

たくさんのモトレーサー仲間がお待ちしています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ミニッツ用パーツ出品中です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/rykxw572
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト
Powered by まとめ. / Template by sukechan.