ミニッツ &  RV125  tomdogの日記
趣味のバイク(RV125)とラジコン(MINI-Z)を中心にしたブログです。
ミニッツ モーター作製
2009年10月13日 (火) 20:47 | 編集


ミニッツAWD用にモーターを作りました。
少し前に子供がミニ四駆で遊んでいて、パワーダッシュモーターが未使用で余っていたので、ミニッツ用に加工してみました。

作業はコンデンサー(104)とコードを取り付けただけです。ポリスイッチはなしです。
写真のように取り付けると、AWDとMR-015.02でも共用で使用できます。

モーターは量販店などで300円程度で入手できます。加工が面倒でなければ、練習やお遊び用にはコスパが高く良いと思います。
2.4G基盤で使用してみましたが、いい加速をします。今度サーキットで02で回してみようと思います。
10分程度モーターが熱を持つまで使用しましたが異常はなしでした。

一応書いておきますが、実験される方は自己責任にてお願いします。


半田付けが難そう、うまくできないという方のためコツを書いておきます。
仕事でよく半田付けをするので参考にしてみてください。

道具
 半田ごて ミニッツ用だと20W程度が良い
 半田    1mmのヤニ(フラックス)入り
 半田こての台
 小手先をきれいにするためのウエス。水をしみこませよく絞っておく。
 大き目のクリップ、半田をつけるものを固定するのに使用する。

半田付け
 半田付けをする場所両方(コンデンサー取り付けのときはコンデンサーの足と、モーターケース)に半田をつけておく。この作業を予備半田といいます。これがうまくできていれば半田付けはほぼうまくできます。
 次に予備半田同士を重ね合わせ、小手先で熱を加えてくっつけます。このときは半田を使用しません。

コツ
 半田ごての小手先は湿ったウエスで拭いて、常にきれいな状態で作業する。
 予備半田が付にくい場所(モーターケースなど)はヤスリで表面を削るとうまく付きます。
 モーター、基盤、ポテメなどを作業中に動かないように、クリップなどで固定する。

以上です。
仕様済みのモーターなどで練習してみると良いと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.