ミニッツ &  RV125  tomdogの日記
趣味のバイク(RV125)とラジコン(MINI-Z)を中心にしたブログです。
ニューボディ & ジャイロ
2009年12月27日 (日) 20:59 | 編集


ニューボティを作製しました。車種はR35。今回のミニッツミーティングの定番のボディです。
約90%程度の人が使用していて、ポテンシャルが高そうです。

箱根のミニッツミーティングに参加するのであれば間違いなくお勧めです。

カラーはお気に入りの蛍光イエロー、ウレタンの黒い路面に映えます。
今回はステッカ-を使用せずシンプルに仕上げました。

そして、もう一点購入したのがジャイロユニットです。
ラジコンではヘリなどに採用されているアレです。

SANY0045.jpg

ポン付けで走ってみた感想はとても安定しています。いままでセッティングに苦労して扱いやすさを出していたのが不思議なくらい安定します。一般的によく言われるアンダーが若干強くなりますが、ステアリングの切れ角を大きくするなどして対応しました。

ハイテク装備ということで毛嫌いされる方もいるかも知れませんが(私も最初は見送っていました)これはレースでは必需品です。
上のボディと同じく箱根のレースでは定番アイテムになると思います。

写真に写っているコネクタはARCポンダーとICS延長を同時に取り出すものの試作品です。
ヤフオクやサーキットで意見をいただいて作製してみましたが、加工がしにくくてコスト高のため製品化は難しそうです。
これからがんばって加工方法を検討します。
これを使用すればレースでポンダーと電飾の電源を同時にICSコネクタより取り出せます。


前回タイヤセッティングについて書いたことを実行してみました。
レースでも流行のフロントに20のタイヤです。手持ちにラジアル20のナローがなかったためLM20のワイドをナロー幅にカットしてフロントにはいてみました。

走らせた感じはハンドルを切るとグニャーと曲がっていく感じです。
少々ラフにハンドルを切っても転倒しません。上のジャイロと組み合わせるとナローでも転倒せずにうまく走れます。
ただタイヤはやわらかいため良く減ります。
30や40のタイヤはクイックに曲がりこむ感じですが、20はマイルドに曲がっていきます。
最終的にはサスとの組み合わせですが、ナローボディやウレタン路面などの転倒しやすいケースではとても有効なセットだと思います。

今年もあとわずかですが、もう一回くらいはサーキットに出かけようと思っています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ミニッツ用パーツ出品中です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/rykxw572
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.