ミニッツ &  RV125  tomdogの日記
趣味のバイク(RV125)とラジコン(MINI-Z)を中心にしたブログです。
ミニッツ ドリフト講座 第一回
2010年02月14日 (日) 10:38 | 編集
しばらくホームのサーキットがイベントで使用できないので、ドリフト講座を4回くらいに分けてしようとおもいます。

1/10のラジコンではドリフトは大人気ですがミニッツはほとんどの方がグリップ派だと思います。
AWDを持っているれどグリップオンリーだった人は是非チャレンジしてみてください。

まず第一回目ということでマシン、場所、セットについて紹介します。

第一に場所です。
 最初は家の中のフローリングが良いと思います。走行音が大きいので夜は特に注意が必要です。
 Pタイルなども良好です。まず路面がフラットなことと滑りやすい場所がやりやすいと思います。
 広さはとりあえずは畳三畳くらいあれば十分です。
 毛足の短いカーペットも向いていますが、グリップが高い場合はドリフトがやや困難になります。

第二にマシンです。
 当然ですがAWDです。必需品はドリフトタイヤとベアリングがあればとりあえずはOKです。
 後述のオプション類は少しずつ必要なもののみそろえていけばよいと思います。

第三にセッティングです。
 参考程度に私のセッティングを紹介します。
 フルベア+タイロッドF0.8 R1.5 +セッティングウエイト7g +ギア比スタンダード+ホイールFR+1.0mm 以上です。
 ほとんどノーマルです。これで十分に楽しめます。

 ボディはR32、R34あたりが安定性がよくて使いやすいと思います。私はホイールベースの短いFD3Sを愛用しています。切り返しも速くて運動性が良いので気に入っています。

 セットについてですが上記のタイロッドとホイールは是非試してみてください。安定性がよくなりコントロールが非常に楽になります。+1.0mmのホイールはR34用を使用しています。

ドリフト用のマシンです。
SANY0055_20100214103154.jpg

シャーシの左側にウエイトを付けています。

 他によさそうなオプションはアルミモーターケース、アルミモーターホルダーもいいと思います。
 ヒートシンク効果による放熱性とAWD特有の重量バランスの改善ができて一石二鳥です。
 ちなみにドリフトは意外とモーターを回すので負荷はあまりかかりませんが発熱は多めです。
 
 駆動系はギアデフ、ボールデフ、Fワンウェイ、ソリッド(リジッド)から選べるので非常に多くの組み合わせあります。
 特に駆動系は好みが分かれるところなのでドリフトではセットが奥深く面白いところです。
 リジッドはノーマルのギアデフ加工(デフの中に詰め物を入れます)でも簡単に出来るのでやってみる価値はあると思います。

次回よりドリフトの練習方法を紹介します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ミニッツ用パーツ出品中です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/rykxw572
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.