ミニッツ &  RV125  tomdogの日記
趣味のバイク(RV125)とラジコン(MINI-Z)を中心にしたブログです。
ZERO STYLE 地元カップ前模擬レース 
2010年06月08日 (火) 01:24 | 編集
ZERO STYLEの地元カップ前のプレレースに参戦してきました。

店主さんにブログのリンクのお許しを頂きました。是非ご覧ください。

ZERO STYLEは今回で2回目です。ろくに練習もせずにレースになるのか?しかも経験の浅いカーペットコース。

とりあえずエントリーはJSCCとHMクラス。
もう一つのカテゴリーのAWDはドリフトばかりでグリップをやったことがないのでパス。
本来であれば両方ともMR-03が有利なのですが一台しかないので、得意なJSCCに03をHMは参加目的程度に015でいきます。

昼過ぎにSWEEPさんとコースに入りプロモの撮影などをしながらセットアップ、夕方よりレースに入りました。
SWEEPさんとはSKL閉店後、久しぶりの再開です。

IMAGE_018.jpg


地元カップのレギュは特殊で浪速の場合はモーター支給でアルカリ電池支給、電池は予選二回と決勝を通して1パックで行います。予選はスーパーGTのようなベストラップ方式、予選一定時間内のベストラップでメイン、グリッドを決めます。

このレギュのポイントはバッテリーの使い方です。予選、決勝ともにひとつの電池を使うので予選を長く走りすぎると決勝でのバッテリーのタレが懸念されます。
実はもう一点今回のレースで得られたポイントがあります。これは後述します。

まず予選はベストラップ方式ですので、できるだけコースがすいているときに走り5から10周程度でしっかりとタイムを出さなくてはいけません。
ここで今日得たポイントを三点

1.ベストラップが明らかに出そうにない周回はアクセル開度を小さくしてエコラン。
2.ラップが即時わかるモニターがあるのであれば仲間にそのつどタイムを読んでもらう。
 自分の順位の確認や、タイムのダウンなど無駄走行を減らすため。
 もちろん練習走行時のターゲットタイムは重要です。
3.予選一回目でいいタイムが出た場合は思い切って、二回目の予選をパスして決勝に温存するのもアリです。
 予選二回目を見ていましたがタイムアップは難しい様子でした。
 
 今回はこの方法で予選を各1回、10周以内で終了しました。

JSCCの予選から12名参加なので目標はAメインの6番以内。しばらく皆さんのタイムの様子をみてコースイン。トップが8秒8くらいでした、9秒1が出たのでとりあえず走行終了。その時点で3番目のタイムだったのでそのまま予選終了。
予選二回目はパスして決勝は3番グリッドから。

HMクラスは参加者が4名で顔見知りばかり、予選もほぼ意味がないのでみんな5周程度で終了。
4人中015と03が二名ずつで半々でした。

JSCCの決勝はスタートで絡んでしまい出遅れ、5分間健闘したもののモーターが良くないのかスピードが乗らずに最終は4位でゴールでした。

HMクラスは決勝開始が遅くなったため1名が帰ってしまいリタイア、店主さんが入って4名でレース。
これで015は自分ひとりのみになりました。
うまくスタートしてトップに立ちうまくsweepさんの追撃をかわし3分経過後には半周程度開けることに成功。
そのまま後ろとの距離を確認しながら安全運転に切り替えそのままトップでゴール

思えば参加人数が少ないとはいえ1番になったのは初めてです。大先輩のsweepさんの前でゴールできとてもいいレースでした。

今回もHMミニクーパーはよく走ってくれました。
少し長くなってしまったのでセットなどは次回にします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ミニッツ用パーツ出品中です。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/rykxw572
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.